FC2ブログ

志賀高原開通。

久しぶりの更新です。
皆さんお元気でしょうか。皆さん・・。

春を飛ばして夏の訪れを感じる今日この頃。
ツーさんが富山を楽しんでいると聞き、急遽もらえた休みで長野県白馬村まで急行です。
DSC06387.jpg
タイヤは新調し、デイトナのマウントバーも購入。

車載カメラの搭載位置も変更。タイヤの横。この辺です。
DSC06388.jpg
サスの沈み込みがよく見渡せます。

フォグライトの光り方も観察可能。
DSC06388_01.jpg
暗所でもカメラは動いてくれるみたい。

閉所を走れば臨場感も出るみたい。
DSC06388_02.jpg
フレームに取付です。ブレもありません。いい感じ。

開放感ある風景で桜を眺めつつ。
DSC06388_03.jpg
ツーさんが待つ白馬駅に到着です。

と・・合流間もなく。日の高いうちに行きたいところがあるとのこと。
DSC06389.jpg
白馬駅の写真もなく、ダムの放流写真を軽く収め。

青鬼集落に到着です。バイク1台100円の駐車料金をおさめます。
DSC06392.jpg
棚田と、山間を望む風景がきれいとか。

集落を散策しつつ。
DSC06394.jpg

軽く集落の高みを目指します。
DSC06400.jpg

澄んだ空気をおなか一杯に吸い込み。絶景に向かいカメラをパチリ。
DSC06402.jpg

ツーさんが「山々を神格化する気持ちがわかる」と話します。
DSC06399.jpg
激しく同意。神々しいですね。

田畑はありますが、ほとんどが業者に貸し出しているとのこと。
DSC06395.jpg
田畑を維持してもらう代わりに、ほぼ無償で貸し出しているそうです。

建物の窓は締め切り、人の気配はありません。
DSC06405.jpg
静かな落ち着いた集落です。

つくしが沢山生えています。つくしをみるのは何年・・いや、何十年ぶりだろう。
DSC06403.jpg
自分が自然に目をやっていないのか。つくしの群生が貴重なのか。
子供のころ、当たり前のように見たつくしに、ちょっと感動を覚え。

ツーさんと雪山を眺めつつ、短い時間語り合います。
DSC06407.jpg
そんなツーさんは富山帰り。これから自宅に帰らなければなりません。

ツーさんの頭上に浮かぶ体力ゲージを見ると「黄色」体力が少ないことがうかがえます。
DSC06409.jpg
BCOMもなく、短時間でしたがツーさんと別れます。

せっかくなので、本日開通と電光掲示板に書かれていた志賀高原を目指します。
DSC06415.jpg
あまりおいしくなかったそばアイスを食べつつ。

雄大な風景を背景にパチリ。
DSC06416.jpg
日も傾き始め、取り急ぎ移動します。

今年はいきなり暑いですね。
DSC06420.jpg
春スキーの期間も短そうです。

標高が上がるにつれ雪を見かけるようになります。
DSC06420_01.jpg
風は湿気を含み、ひんやりと。雪の回廊を目指します。

Tracerのグリップヒーターを弱で作動。
DSC06423.jpg
路面に凍結はなく。安心して走れます。冬装備できていたので寒さはありません。

雪を眺め、冷え切った缶コーヒーを飲む。
DSC06428.jpg
ホットコーヒーの準備はしてきましたが、日の入りまで時間がなく。
暗闇の雪道を帰る気力はありません。さっと移動を開始します。

うずたかく積もった雪の横で、なんちゃって雪の回廊を楽しみつつ。
DSC06429.jpg
一眼で撮影。

いつもの国道最高地点に到着です。
DSC06432.jpg
毎度のことながら、バイクのほかに多くの自転車がヒルクライム中でした。
寒さ、汗、陰る日差し、激坂に歩く人。頭が上がりません。敬礼!

雪や雪山を背景に(*´Д`)ハァハァしながら写真に収めます。
DSC06434.jpg
一年に一度のシャッターチャンス。

天気もいい。日も差している。
DSC06437.jpg
一眼も、アクションカムも絶好調。タイヤの影がダイナミックです。

カレンダープロジェクトではないですが、ベストショットを探します。
DSC06443.jpg
そのうち、暇見て1~12月までのカレンダー作ろうかな。

白い雪。
DSC06446.jpg
若干シャーベット状です。

日陰の路面も怪しくなってきました。
DSC06446_01.jpg
日が落ちきる前に下山です。

冬季(?)はいろいろな道が閉鎖されており、ヤフーナビも混乱するようです。
DSC06446_02.jpg
慎重に、慎重に下山します。

さて、次はどこの風景を撮ろうか。

(;´Д`)イヤナヨカンガ・・





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。