スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル・モンハン

Category: ツーリング  
真冬。午後から雪という噂。のんびり、ツーさんと船盛ツーリングです。
DSC_0068.jpg
千葉にあると言われる、大盛船盛を食べに行くため、海ほたるに集合です。

天気は大快晴。本当に午後から雪になるというのか。
DSC_0069.jpg
「さすがに、この天気予報は無理があるでしょ。余裕余裕。」
と、フラグをしっかり立てながら、海ほたるでコーヒーを飲みます。

いきあたりばったり。笠森観音を見にバイクを走らせます。

パンフレット。

見てください、人の縮尺から考えると、とんでもない高さです。
寺社の先端はもはや成層圏に届くかのよう・・。
dsc054545.jpg
下界の民家と比べ、寺社の大きいこと。
本当に登り切れるのか・・・。

火気厳禁の看板を横目に、厳かな階段を上がり続けます。
DSC05742.jpg
綺麗な緑が続きます。

1本の根から3本の木がそびえたつ三本杉に出会います。
DSC05743.jpg
3本とも素晴らしく立派な杉です。

見えてくる厳かな門。
DSC05745.jpg
風神、雷神、閻魔様が奉納される門。

門をくぐると「重要文化財笠森寺観音堂」の立て札が。
DSC05746.jpg
ちょっと・・高さは低めに設定されていますが。

このくらいがちょうどいいですね。
DSC05748.jpg
パンフレットの図の通りなら、お年寄りは参拝不可能なお寺になってしまうし。
dsc754545.jpg
堂内は撮影禁止ですが、外の風景は素晴らしいものがあります。
DSC05751.jpg
建物はところどころ補強されていますが、ほぼすべて木造です。

若干傾いているような気がする・・。
DSC05753.jpg
お堂の周りは歩けますが、低い柵、歩くとミシミシ言う木製の廊下。
dsc754545.jpg
高所恐怖症の自分からすると、この高さはパンフレットの高さに匹敵する恐怖感です。

お参りを済ませ、地に足を着け桜を眺めます。
DSC05755.jpg
「こ・・・怖かった・・。」

そんな恐怖感は猫に癒してもらいましょう。
DSC05770.jpg
午後から雪などと信じられないほどのぽかぽか陽気。

猫も伴侶を求めて散歩するってものです。
DSC05768.jpg
猫に癒されながら、海へ。船盛を食べなくては。

九十九里の海岸道路は全面改装中で、下道を走ります。
bandicam976.jpg
せっかくの九十九里。海辺を見なくては。

駐車場に社用車を止め昼寝をする人。
bandicam499.jpg
ツーさんと、自分はバイクで青い空と海を眺めます。

端に積もった砂地。ZZR1400だったら絶対に避けるところですが・・
bandicam415.jpg
TRACERのトラクションコントロールを試してみよう!
砂地で止まり、大げさに急発進させてみます。

まっすぐ加速してゆきます。

これがトラクションコントロール?と感じながら、Tracerという物をまた一つ知ります。

そういえば、先日同僚とツーリングに行きました。
同僚はKTMのDuke990だったのですが、オフロードに近い形状に、Tracerとの違いをまじまじと感じました。
DSC_0034.jpg
ヤマハはTracerを「スポーツツーリング」と銘打っていました。
確かにDukeはマフラーが背面の高い位置に設置され、エンジン下が地上より高めに設定されています。
ハンドルはアップライトでひらひら曲がる感覚。
同じようなハンドガードを装備していますが似て非なるもの。

Dukeの後にTracerにまたがると、明らかにオンロード用に作られている部分を感じます。
エンジンは低く、水冷、マフラーはお腹の直下、かなり低い位置。

トラクションコントロールを頼りに、林道、悪路、砂地を走るのではなく、
オンロードで、海を見る。峠を走る。これがちょうどいい使い方なのかもしれません。
DSC05772.jpg
さて、「のんびりしているとお昼の時間帯を回ってしまう。」と、ツーさんの指摘を受け一路「船盛」を食べに進路を変えます。

Yahooナビがさした目的地はここ。
大漁亭。あれ・・?道の駅か海の駅だったはずなのだけど。
DSC05773.jpg
お店に入ります。

船盛ではなく、鰤シャブを注文。
DSC05774.jpg
大正解!刺身よし、半生よし、火を通してプリプリの身として食べるもよし。
味噌汁も凝っていて、アラではなくしっかりとした身が入って磯の味。味噌汁だけでご飯行けます。
これで850円(ランチ価格)当たりですね。

鰤は新鮮でした。

そして、怪しくなる雲行き。この後天気予報的中の吹雪に襲われます。
DSC_0071_20170211184407e09.jpg
アクションカメラの電源を!入れると電池切れ。
大漁亭で電源いれっぱなし。とほ~

生まれて初めて雪の中、バイクで疾走しました。
DSC_0070_2017021119453462c.jpg
バイザーに雪がぶつかると前が見えなくなる。

つーさんとB+COMで「うぉぉぉ」と叫びながら吹雪の中を走ったさ。
雪体験、新鮮でした!






ちなみに大漁亭さんにあったオブジェ。蟹。
ダイミョウザザミに襲われるとこんな感じ?
DSC05777.jpg
リアル モンハンを味わいたいなら是非「大漁亭」さんへ。
美味しくお得な料理と、でかいダイミョウザザミ(蟹)がお出迎え。








今回の発見。
Tracerはマフラーが下部にある。
ある程度の耐熱カバーであれば、冬場は即時バイクカバーをかけられる。
あら!純正マフラー超便利!















スポンサーサイト

様々な紅葉。

Category: ツーリング  
冬寒く。グリップヒーターが活躍する今日この頃。
DSC05706.jpg
バッテリーが上がり気味なので充電がてら山梨まで。

快晴。
DSC05709.jpg
気持ちの良い日差しです。

紅葉をおっかけて道々をのんびりと走ります。
DSC05714.jpg
バッテリーは順調に充電され。

いい紅葉に出会います。
DSC05728.jpg
燃えるような赤。

お店も赤く染まっています。
DSC05722.jpg
劇的に甘い柿。

渋い柿もこうやって干すことで砂糖の塊のような干し柿になるとのこと。
DSC05723.jpg
干した途中、乾ききる前、乾ききって出荷される。
各過程の柿を選んで買い求めることができます。

春は桃を売り、秋は柿を売る。
DSC05725.jpg
農家とはすごいものだな。
と、感心しつつ帰路につきます。

SUBMARINE CATCHER。

Category: ツーリング  
天気は曇り空。秋口ですが気温は冬に近いですね。グリップヒーターが活躍しました。
DSC05678.jpg
風邪という名の呪術をうけ、全快していないツーさんとのツーリングです。

今回も道中、実に笑わせてもらいました。

そんな二人の目的地はここ。村のピザ屋「カンパーニャ」さん。
DSC05672.jpg
同僚が「美味しいから一度行ってみて。」と。

千葉の稜線好きとしてはいかねばなるまい。
DSC05673-2.jpg
スモークベーコンがそびえたつサラダ。(★★☆)

マルゲリータ。(★★★x2)
DSC05674-2.jpg
窯で焼くピザは、できたてふっくら。チーズ大量。トマトの酸味も良好。これはうまい!耳まで美味しいってどういうことだ。

その辺のチェーン店ピザより安く、何倍も美味い。平日なのにお客さんでいっぱいなのも納得です。

多少の雨にあたりながら海を眺め。
DSC05689-2.jpg
モンチッチや太陽について語り合います。

海に来たならこれはかかせないでしょう。
サブマリンキャッチャー!
DSC05701.jpg
海の幸が安価でゲットできるかも。サザエのUFOキャッチャーです。
「景品には氷がつきません。」という注釈付きの親切設計。

食われてなるものか!サザエも必死です。ゲームを開始するとレトロなゲーム音が流れます。
サザエさんのテーマ曲「買い物行こうと町まで~」とか流れたら笑えるのになぁ・・とか考えながら。
DSC05703.jpg
襲い掛かるアーム!

そんなに食べたくないサザエを狙い、一発勝負!



ヒグラシ全滅。

Category: ツーリング  
さて今回は、ツーさんとツーリングです。

と、書きたかったところですが、ツーさんが風邪でダウン。
007.jpg
一人で走ります。

ツーさんお大事になさってください。

前回のツーリングで逝ってしまわれた某社の防水携帯。
005.jpg
今回は倒産寸前の某社のオクタコアヘキサコア携帯で写真を撮ってみようと思います。

車載画像はいつもの中華アクションカムです。
017.jpg
落としてレンズに傷が入ったのはご愛嬌。

電話。テレビ。携帯。冷蔵庫。メインPC。ESXiの入った遊び用サーバ。
026.jpg
皆壊れ、散財中。そんなモヤモヤを吹き飛ばすため、ヒグラシの大合唱を聞きに行きます。

箱根ターンパイクから伊豆スカを抜けます。
062.jpg
写真がペラいのは携帯で撮影したからです。一眼は忘れました。

そうやって考えるとXperiaは携帯にしては、きれいに撮れていたほうなんだなと実感。
073.jpg
新規購入の目の付け所の鋭い携帯カメラで撮影すると、合成写真のように見えてしまいます。

林を抜け。
036.jpg
目指すはいつものトンネルです。

さすがに3回~4回目ともなれば、道は覚えているもので。
042.jpg
ちゃっちゃと現地に到着します。

いつものところですね。
050.jpg
さて、数年越しのヒグラシの大合唱は?!

耳を凝らしても、静寂のみ。ヒグラシのシーズンは終わっていたようです。
084.jpg
聞こえるのは時折「ほえっ。ほえっ。」というサル?の声だけ。

「完全な静寂もいいものだな。」と、のんびり缶コーヒーを飲みます。
088.jpg
ペラい写真を撮っていると、女性二人の話し声が。

「ふふふっ。」「違うでしょう・・ふふっ。」

山のほうから聞こえてきます。

でも、誰もいません・・。

谷を見ます。誰もいません・・・。

周りをじっくり見まわします。誰もいません・・・・・。

怖っ!逃げろ!
051.jpg
天城越えを大声で歌いながら(通例なので)慌ててトンネルを抜けます。

ヒグラシの声ではなく、いない人の声を聴いてしまいました。
053.jpg
帰り道闇夜の伊豆スカ、ターンパイクを抜けます。

「声が聞こえませんように!」と祈りつつ。







防水携帯。

Category: ツーリング  
怪しい雲行き。案の定ゲリラ豪雨並みの雨に、高速道路で遭遇。
DSC05402.jpg
土砂降りでも止まれない。自分を除き、すべてが防水だ。行ける行ける。

ハァハァ言いながら到着した大山千枚田。
DSC05407.jpg
千葉に実家を持つ同僚の情報では、9月の上旬に稲刈りが行われるとか。

金色の野に降り立ち、眺めなくてはと、天気NGでも突撃です。
DSC05410.jpg
あのどす黒い雲を抜いてゆこう。

台風の影響で、稲は総倒れ。天気は曇り。
DSC05413.jpg
しかしまぁ、一眼レフは根性で綺麗に記録してくれるものです。

トレーナーではない自分には関係ありませんが、これを看板として用意するということは、ポケモンゲットのためなら、畑も荒らすトレーナーがいるということでしょうか。
DSC05414.jpg
大人げないバトルが展開されるのでしょう。

天気の悪い中でもぎりぎりまで行こう。
DSC05415.jpg
終わりはいつでもそばにあるわけで。ひたすら進むだけです。

そんななかでも、晴れ間が出ればちょっとご褒美。
DSC05419.jpg
澄んだ空気の中で写真が取れます。

他のライダーなど皆無の天気。
DSC05427.jpg
好き勝手に写真を残します。

携帯と違って逆光と戦ってくれる一眼レフは重宝します。
DSC05429.jpg
WILD ROADを口ずさみながら、撮影ポイントを探します。

路面が湿っているので反射して写りますね。
DSC05436.jpg
ゲリラ豪雨を抜けてきたのでパンツまでずぶ濡れの状態です。

しかし、そのかいあってか気に入った写真が多く撮れます。
DSC05442.jpg
ここまでTracerを写真に収めているサイトもそうそうないのではないでしょうか。

北海道でこんな写真を撮ってみたいですね。
DSC05444.jpg
まぁ、千葉ですが。

台風一過。千葉を縦断する林道に足を運びます。
DSC05449.jpg
峠道ではないのでなんとか行けそうです。

対向からおばちゃん操るアルト(軽自動車)とすれ違います。
DSC05458.jpg
ぉ・・おばちゃんが平然と運転しているんだから、ここで俺が逃げるわけにいかないよな・・。

工事現場から帰るのであろうトラックとすれ違います。
DSC05456.jpg
仕事で走る道路なのだから、若干流れがあっても走るべきなのだろうな。

ZZRだったら断念するコースですが、Tracerなら行ける!
DSC05457.jpg
そう信じて。

精神を削りながらも、やっと海に出ることができました。
DSC05466.jpg
疲れたので金谷港からフェリーを使います。

やはり、大雨の午後だけあって、他のライダーは一人もいません。
DSC05471.jpg
はやく船内でのんびりしたいところ。

日も低くなってきました。
DSC05470.jpg
バイクを船に積み。

出港です。
DSC05484.jpg
ライダー装備で船外のベンチに腰掛けます。

ノンアルコールで一休み。
DSC05481.jpg
後ろを振り返ると、マッチョな外人さんが話しかけたそうにこっちを見ています。

話しかけられたらmotoGPの話でもしたらいいのか・・?と、空を見ながらあほなことを考えてみます。
DSC05482.jpg
とりあえず、ぐったりしよう。

夕暮れ時。空を見上げると大きめの太い虹がきれいに見えます。
DSC05479.jpg
写真では中央に小さくしか映りませんでしたが、大人から子供まで虹を見て笑顔になっています。

客船とすれ違います。
DSC05490.jpg
船旅を楽しむ。バイクを楽しむ。海外旅行を楽しむ。人それぞれの贅沢がありますね。

客船を追うように、貨物船が後ろを進みます。
DSC05492.jpg
貨物船の船員は、先行する客船を見てどう感じているのでしょうか。

さてと、庶民はレンジでチンされたから揚げでも食べながら幸せをかみしめるとしましょう。
DSC05487.jpg
さて、今回はB'zのWILD ROAD的にお届けしました。

バイクの曲といえば「ハネウマライダー」か、「WILD ROAD」だと思う今日この頃です。

追伸。
1枚目の写真で携帯電話がマウントされているのが確認できますでしょうか。
防水携帯のXperiaが豪雨で浸水。お亡くなりになりました。(´д⊂)もうSonyは買わん!


















その2)雲上降雨なし。(新潟~群馬)

Category: ツーリング  
沼田でツーさんと飲み明かします。
bandicam 2016-07-05 22-47-22-011
翌日二日酔いもなく、気づけば快晴。

ツーさんとの二人ツーリングになります。
bandicam 2016-07-05 22-49-13-028
あれ?ジャケットがまた新しくなっている。痩せ形体系のツーさんは何着ても似合う感じ。

谷川岳のPAは湧き水ご自由にと、お水垂れ流しのPA。
bandicam 2016-07-05 22-49-23-947
おばちゃんが大五郎の空きペットボトルを片手に嬉しそうにお水を汲んでいきます。

「大五郎はねぇだろう・・。」と思った自分は偏見がありますかね。

さて、関越トンネルを抜けると・・。
bandicam 2016-07-05 22-50-32-783
雲が近くなります。

雨は当然のように降り始め。テンションが落ち・・
bandicam 2016-07-05 22-52-49-668
落ちるかと、思いきやなんでしょうこの冒険感。そして高揚感。

雨が降るにつれテンションが上がり始めます。
bandicam 2016-07-05 22-54-44-889
中華のアクションカムは雨などものともしません。

「目的のお地蔵さんだ!」と左手に石像が並びます。
bandicam 2016-07-05 22-55-22-601
東日本震災の際に被災地の方角に向きを変えたお地蔵さんです。

詳細は下記のとおり。
DSC_0044A.jpg
DSC_0046A.jpg
しっかり拝みます。

お地蔵さんのお力でしょうか。
DSC_0040A.jpg
雨が弱くなってきた気がします。

路面が濡れ、思うようにスピードを出せませんでしたが。
DSC_0052A.jpg
標高が上がったのも手伝い、晴れ間も見え始めます。

雲の中を走り、雲の上を走り。
DSC_0055A.jpg
たまに差し込む光に神々しさを感じたり。

ゆっくりと走りながら国道最高地点に到着です。
そこは、過去にグラディウスに乗り、同僚と初めてツーリングに訪れた場所。
DSC_0066A.jpg
当時は地理も、千鳥走行も知らず、ナビなどの装備も何もなく。プロテクターのプの字もない状態で走っていました。

今ここに、大型バイクで仲間と訪れる。

自分のバイクの歴史が更新され、塗り替えられた瞬間でした。
DSC_0075A.jpg
ありがとうツーさん。これは予期せぬサプライズでした。

あの時は、コースを見る余裕はなく、景色を見る余裕はなく。
DSC_0079A.jpg
いまは、遠くの落雷や、横から吹き付ける雲と風にも気づけます。

雨すらも楽しむことができるようになりました。
DSC_0042A.jpg
よりいっそうバイクが好きになり、もっと撮影せねばとカメラのレンズを磨く自分がいます。

自転車は自分の力を使い疲れきるまで楽しむ。
バイクは、エンジンを使い乗り疲れるまで距離を伸ばす。

どちらも別々の魅力があり、二輪の楽しみをよりまた深く理解できました。

さて、国道最高地点でヒルクライムをする自転車集団もいました。
「深く理解できました。」と、軽口をたたく自分がいますが・・・さすがにあれは無理だ。

あれが「楽しそうだな・・。」といえる日が来るのか。
二輪の沼はまだまだ深そうです。


03  « 2017_04 »  05

sun m tu w th f s
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

taru.vv

Author:taru.vv
初めてのバイクが GLADIUS400 。
次のバイクが ZZR1400(08) 。
今のバイクは TRACER 。

今まで知らなかった世界を更に堪能中。



転載・転用はやめてください。


このサイトは世の動向を見て記事が見え隠れします。
かぼちゃいただきました。近影です。

最新記事
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。